ZORN「Stay Gold」の意味と歌詞解釈!

変態紳士クラブ 歌詞解釈
スポンサーリンク

今回はZORN「Stay Gold」について歌詞解釈していきます!

意味合い的には

常に精進して輝き続ける

そこに留まらない

といったところでしょうか!?

Anthology [ ZORN ]

価格:2,420円
(2021/9/13 17:11時点)
感想(1件)

The Downtown [ ZORN ]

価格:2,444円
(2021/9/13 17:12時点)
感想(0件)

Stay Gold 歌詞

俺は仲間の誇り
俺も仲間が誇り
大事なものは
はなからここに
ずっとガキのままいたい
ありのままいたい
Stay gold

路地のわびさび
憂いを帯びた街並み
変わらずにはいられない
時はたちまち
傷や物悲しさ
気付きゃ大人だしな
どこへ行くのか
よりも俺はどこから来た

語り合ったたまり場
葉巻裂いちゃ回した
無かったのは金だけ
仲間たちが財産
馬鹿騒ぎな毎晩
朝方には解散
デート中にパケがバレて泣かしたまいちゃん

今じゃ笑い話
修羅場の数々
うだつ上がらず
通り過ぎたうたかたの夏
実家でホコリ被るツタヤのアルバム
クールマルボロの煙
夕方をたゆたう

時間は経過
美談じゃねえな
みんな家庭や仕事
仕方がねえか
俺はパパだしラッパー
葛飾の顔
全て手にしたようで
何か無くしたのかも

俺は仲間の誇り
俺も仲間が誇り
大事なものは
はなからここに
ずっとガキのままいたい
ありのままいたい
Stay gold
何も変わりない

俺は仲間の誇り
俺も仲間が誇り
大事なものは
はなからここに
ずっとガキのままいたい
ありのままいたい
Stay gold
何も変わりない

生活は変わり
贅沢な悩み
成功よりStay gold
明白な話
常に初心持って
調子に乗んねえ
これが正真正銘
俺はホーミーの夢

あの日交わした会話
今も刺さったまんま
形変わった
けど結局中身はあんま
こないだダイちゃんの親父さんにも渡したパーカー
また見てえな
ヨシナリと小山田の肩パン

別にカップラーメン
でも十分だった
俺が順風満帆に見えるか
昔は渇望
掴んだら苦悩
汚ねえ大人
知らねえよコラ

空は夕暮れ
オレンジじゃなく憂鬱なグレー
窮屈な胸
でも上
うつむくはずねえ
タバコと缶コーヒー
またこの散歩道
俺が住んでる
地元が観光地

Stay Gold 歌詞解釈

“俺は仲間に誇りだと言われ俺からすればそんな仲間が誇りだと思ってる

大事なものは原点である仲間で最初からここにある

皆で遊んでた頃のようにずっとガキでいたいし、何も気しなかった子供の頃のようにありのままでいたい

だからこそ自分のため、仲間のために輝き続ける”

侘び寂びた路地や憂い帯びた寂しさや懐かしさが残る街並み

時間は経つしずっと同じではいられない

傷や物悲しさに追われ気づけば大人だしな

これからどこに行くのかよりも大事なのは自分がどこから来たか

仲間と語り合ったり葉巻吸って回した懐かしい溜まり場

その頃から仲間が財産

なかったのは金だけ

毎晩仲間達と馬鹿騒ぎして朝帰り

デート中に持っていたパケが見つかって泣かしてしまったマイちゃん

今となってはどれも笑い話になった修羅場の数々

全然売れずでうまくいかず泡のように儚く消えて過ぎ去った夏の日々

実家でほこりかぶったままのTSUTAYAのアルバム

薫るマルボロの煙が夕方の夕日に映る

時は経った でも、過去は美談じゃねぇな

周りの仲間は皆、家庭や仕事

大人になった今じゃ仕方ねぇか

そういう俺はパパでラッパー

今じゃ葛飾の顔

でも欲しいもの全て手に入れたように見えて本当は大事なものを失くしたのかも

“サビ”

金を持ってから生活は変わり一見すると贅沢な悩み

最高よりも今を輝いて生きること

こんなの言わずと知れた話

売れても常に初心忘れず調子にも乗らず

そんなやつが正真正銘の人間

俺は今じゃ仲間たちの夢

あの日交わした会話が今も胸に刺さったまま

みんな見た目は変わったけど結局中身はあまり変わってない

そういや

こないだ大ちゃんの親父さんにもパーカーを渡した

また見たいな よしなりと小山田の肩パン勝負

あの時はカップラーメンで十分だった

今の俺が順風満帆に見えるか?

昔は夢に飢えてた でも、いざ掴んだら苦悩だらけ

自分が悪くても知らねぇってしらをきる汚い大人

いろいろ考えて気づけば空は夕暮れ でも、綺麗なオレンジじゃなくて今の気持ちみたいな憂鬱なグレー

複雑でモヤモヤする胸の内 でも俺は常に上を見て俯かねぇ

タバコと缶コーヒーと歩き慣れた散歩道

地元の何気ない場所も今じゃ有名になった俺が住んでりゃ観光地と同じ

欲求のままに無いものをねだるよりもあるものを大事に

常に初心、葛飾区が始まり

底辺からてっぺんへ

経験なら自分の中で永遠

純真無垢な心を大事にベンツのゲレンデで娘を送る

最後に

ZORNは自分の子供のことや奥さん、家庭のことについて歌っているものが多いです。

一般的なラッパーのイメージって派手なイメージだと思うんですよ。

でも、ZORNは派手さを見せずに常に身近な関係を大切にして自分の足元をしっかりと固めて日々忠実に生きているというイメージです。

ここまで売れると天狗になってもおかしくないレベルだと思うのですが…笑

そこをきっちりと抑えられているのが一流という証拠なのでしょうか!?

BADHOP「Suicide」歌詞の意味を個人的解釈
...
ZORN「Lost」歌詞解釈
...
ZORN シャウエッセン。日々の幸せが当たり前じゃないと気づかせてくれる曲。深イイ曲!
...



コメント

タイトルとURLをコピーしました