SNSの危険性とは?何気に使っているSNS。リスクを把握しないと後が恐いです。

SNSの危険性 雑記
スポンサーリンク



近年ネットワークサービスが大いに発達し、今や身近なものとなったソーシャルネットワークサービス(SNS)以下SNSと表記します。

SNSは便利ですが、もちろんメリットだけではありません。

使い方を知っている方は多くいるとおもいますが、危険性について知っている人たちは少ないと思います。

デジタルタトゥーと言われサービス上で行った投稿、やりとりはサーバーに保存され長期にわたって消えることがありません。

そのおかげで犯罪の証拠になる場合もあります。(メリット)

が、安易に不特定多数が閲覧できる場に晒される危険性があることを忘れてはいけません。

プライベートな内容を特に気にせずSNS上に投稿しているとそこから自身の生活スタイルや生活区域などを特定される場合があります。

SNSに載せた写真の背景から居場所を特定されたり、瞳の反射から本人が想定していない個人情報が漏れることもあります。

実際に瞳に反射した景色から場所を特定しストーカー行為を行うという事件が起きました。

「瞳 反射 特定」などと調べるといろいろ出てきます。

SNSが発展したのが最近なため、まだまだリスクが絞りだせていません。

そのため思わぬところから個人情報が漏れだしてしまうのです。

では、対策はどうすれば良いのでしょうか。



いくつかあげていきます。

①背景に気を付ける。
②SNSのアカウントにカギを付ける。
③投稿内容は気を付ける。

この三つは基本的なことであり、意識するだけですぐにできます。

どんどんとカメラの技術が発達しているため映り込む物も鮮明になりわかりやすくなります。

そのため自宅付近などで撮る場合は、自分の背景写真には特に気を使いましょう。

TwitterやInstagramなどでカギマークが付いているのを見かけると思います。

カギマークを付けると今現在のフォロワー以外には自分の投稿が非公開になります。

この場合、注意点ですが、フォロワーに知らない人や見られたくない人がいる場合は

ブロック→ブロック解除などの方法を使いフォロワー解除しておきましょう。

有名になりたいからとついついバズり(拡散されること)を狙いたがる方が多いですが、それだけ多くの人達に知られるということは個人が特定されるリスクがつきまとうということです。

これを狙うことは悪くはないですが、くれぐれもバカッターなど迷惑をかける行為を行う動画や画像は決して投稿しないようにしましょう。(投稿せずとも迷惑になる行為をしないことはもちろんですよ…)



最後に
SNSは危険なので一切使わないほうが良い!とは思いませんが、正しい知識を持ってリスクを回避することは必須です。
無駄に距離を置く必要はありません。
ただし、知らない人でも見られるということを理解してプライベートとの境目はきちっと線引きしておきましょう。
SNSがあれば、大人になってもいろいろな人と繋がりがもてますし、趣味仲間を求めたり、知識を身に着けることも容易です。
正しく使えば便利!
間違えば危険!
これを踏まえてSNS楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました