清水翔太.Aimer「プロローグ」歌詞の意味を個人的解釈

継続は力なり 歌詞解釈
スポンサーリンク

HOPE [ 清水翔太 ]

価格:3,300円
(2021/8/6 16:21時点)
感想(1件)

HOPE (初回限定盤 CD+DVD) [ 清水翔太 ]

価格:3,734円
(2021/8/6 16:22時点)
感想(1件)

今回は

清水翔太「 プロローグ feat.Aimer」

という清水翔太とAimerのお二人の曲について個人的解釈していきたいと思います。

feat はフィーチャリングの略でコラボ的な意味でこの楽曲一緒に創りましたよ〜ということです。

お二人共声が良すぎてかなりマッチしてます!

曲の系統としては恋愛になると思うのですが、メロディもしっとりした感じでいいですね〜。

ちなみに、曲名のプロローグというのは序章という意味合いで最初の部分ということです。

タイトルの意味としては、恋愛の最初の部分ということでしょうか!?

では、さっそくみていきましょ〜!



清水翔太.Aimer プロローグ 歌詞

プロローグで終わった恋が
僕を臆病にさせるから
君の目も真っ直ぐ見れず
立ちすくむ

人を好きになるってこと
今でもまだ、こわいけれど
君を見つけてしまったよ
見つけてしまったよ

僕の心臓が
君に近付く度に
何か伝えたそうに
鼓動を強める

今、遠い遠い未来を目指して
最初の一歩をきっと踏み出した
今、静かに恋が始まって
僕は長く長く君を想うのだろう

プロローグで終わった恋の
有りもしないその続きを
よく想像していたんだよ
悔しくて

映画みたいに切なくて
優しくて甘いlove story
もちろん困難もあるけど
ハッピーエンドだよ

そんな都合のいい
物語を描いて
出られなくなったんだ
心は迷路だ

でも、遠い遠い未来を目指して
最初の一歩をやっと踏み出せた
今、確かに恋を抱きしめて
僕はもう一度また愛を迎えに行くよ

僕の心臓が
君に近付く度に
何か伝えたそうに
鼓動を強める

もし僕の恋がまたプロローグで
終わってしまったとしても構わない
君に恋した事を後悔しない
僕は長く長く君を想うだろうけど

清水翔太.Aimer プロローグ 歌詞解釈

馴れ初めから発展せずに終わってしまった恋が今の僕を臆病にさせたから

過去の自分を思い出して 今、目の前にいる君の目も見れずに立ちすくんでしまう

人を好きになることは今もこわいけれど、それを乗り越えられるほどの相手(君)に出逢えたよ

君に近づく度にドキドキして鼓動が高まる

まるで心臓が君になにかを伝えようとしてるみたいだ

今、この先、君と長く共に過ごすことを夢見てその最初の1歩を踏み出せた気がする

今、そっと恋が始まってこれから先ずっと僕は君のことを想い愛し続けるのだろう

馴れ初めで終わった恋が悔しくて

有るわけない続きをよく想像してたんだ

この恋は映画みたいに切なくて優しくて甘い恋物語

もちろん現実は病める時も困難もある

でも、それも含めてハッピーエンドだよ

そんな都合良い物語を自分の中で描いてその物語から抜け出せなくなったんだ

心はまるで迷路みたい

でも遠い将来、君と一緒に過ごす未来を目指して最初の1歩を踏み出せたんだ

今、確かに初めの頃の新鮮な気持ちを持って

僕はもう一度幸せな時間を掴みに行くよ

君に近づく度にドキドキして鼓動が高まる

まるで心臓が君になにかを伝えようとしてるみたいだ

もし、僕の恋が過去と同じように馴れ初めで終わってしまっても構わない

例え僕が君のことをずっとずっと忘れられなかったとしても

君に恋したことは後悔しない



最後に

ざっくりあらすじを読んでみると

過去に良さげな人と恋に発展しそうになったが、実らず。

それがトラウマになってしまい、恋愛から遠のいていた。

しかし、新たに出逢った人(君)がそんな過去を忘れさせてくれるほどの人でもう一度恋愛をしてこの人と幸せになりたいと願う。

そして、仮に昔のように恋が実らなかったとしてもあなたと出逢えて好きになったことを後悔しないほどの恋愛ができている。

というような感じでしょうか!?

恋は年齢関係なく何歳でもできますしネットで繋がれる現代社会に出逢いはいくらでもあるので過去の恋が実らず諦めている人はもう一度初めから恋愛をしてみるのはどうでしょうか?

もちろん辛いこともあるかもしれませんが、その中にも多くの幸せがあると私は思っています。

自分自身が恋をしてキュンキュンしながら恋愛物の曲を聴くとまた違った発見があるかもしれません。

キュンキュン…

あいみょん「裸の心」歌詞の意味を個人的解釈。
...
清水翔太「恋唄」歌詞の意味を解釈!
...
あたらよ「8.8」歌詞を個人的解釈
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました