ローダウンを考えている方に! ダウンサス、車高調、エアサス おすすめはどれ?

カスタムされた車の画像
スポンサーリンク



車に興味がある方はダウンサス、車高調、エアサスどれか一つくらいは聞いたことあるんではないでしょうか。

今回は、ローダウンしたいけど、どれがおすすめなのかわからないという方に向けてそれぞれのメリット、デメリットに触れて紹介していきます。

ローダウンとは車高短(シャコタン)とも言われ、見た目の面ではまとまりがでてかっこよくなります。機能面では、コーナーを走った際に安定するというメリットがあります。



ダウンサス

ダウンサス 写真 

ダウンサスとはダウンサスペンションの略で、純正のバネと入れ替えるだけで車高を下げることができるスプリングです。

このバネの長さを短くすることによって車高を落とす仕組みです。

なんといっても入れ替えだけで車高が落とせますし他の車高調などと比べても安価です。

ですが、落とせる量は決まっており装着後に車高を変えることができないのがデメリットです。

そのため再び車高を変更する際はもう一度取り外し作業をしないといけないので手間がかかります。

また、減衰調整ができないので乗り心地の調整が効かないこともデメリットになると思います。

ダウンサスが4本で1〜2万円ほどで交換をショップなどにお願いすると工賃が3万円ほどです。合わせて5万円ほどでローダウンが可能です。



車高調

車高調 写真

車高調とは車高調整式サスペンションの略で、先ほどのダウンサスと違ってバネだけの交換ではなく写真のようなサスペンションごと交換する方法です。

メリットは車高調装着後でも車高の変更が可能なところです。

車高調はダウンサスのようにバネ自体を交換しなくてもネジを回すことによって車高を変更することができます。

また、減衰調整が可能で乗り心地を自分好みに調整することができます。

デメリットをあげるとすれば価格があがるところでしょうか。4本で10万円ほどです。

工賃も合わせた場合は12〜13万円ほどになります。

ダウンサスに車高調整機能と減衰調整機能を付けたような感じです。

その分価格が上がるのは仕方がないですがその分のメリットは十分にあると思います。



エアサス

エアサス 画像

エアサスはエアサスペンションの略でバネではなくエアスプリングを使ったサスペンションのことです。乗り心地がバネと違い少し柔らかい乗り心地になります。

トラックのうしろを後ろを走っている際などに目の前のトラックの荷台に(AIR SUS)と書いてあるのを見たことはありませんか?

エアサスは乗用車以外でもトラックにも多く採用されています。これは衝撃を吸収しやすいためで荷物などに大きな衝撃を与えずに済むからです。

メリットはコントローラーを使いすぐに車高を調整できるところです。

そのため車高が低くてエアロなどが当たってしまう場合でもすぐに車高を上げて回避することができますし、段差などがあり行けない場所でも難無く通ることができます。

デメリットをあげるとすればやはり価格ではないでしょうか。

エアーを送るためのコンプレッサーやエアーを入れておくタンクなどが必要になってきます。

そのため、上記の2つ(ダウンサス、車高調)と比べて価格が跳ね上がります。安いものもあるのですが、50万円を下回ってくるエアサスは耐久性の面で考えるとオススメしません。

なので最低でも50万円〜という形になると思います。100万円近いものも多くあるのがエアサスの世界です。

工賃も10万円ほどはします。

また、なぜ安ければいいという物でないかと言うと故障した時に走れなくなるからです。

ダウンサス、車高調はバネなのでそこまで致命的な故障は起きませんが、エアサスの場合だとコンプレッサーの故障やエアー漏れによって走行できないほど車高が下がることがあります。

そのためあまりに価格が安いものはやめておいたほうが無難かと思います。



最後に
かつてはダウンサスなどのローダウンキットが車種専用として販売されていなかったり販売されていたとしても高価なものでした。そのため純正のバネをカットしてローダウンするという荒業をする方もいらっしゃったと思います。ですが、近年では手軽にローダウンキットが手に入る上に車種専用のものが販売されているのでローダウンは安価で身近なものになったのではないでしょうか。
あとはやる気と知識があればすぐにできます!しかし、足回りの整備などは資格が必要な作業になる(自分の車以外を整備する場合)のでわかる方に教えてもらいながらするか、調べて知識を身につけてからしましょう。知識がない中で作業をすると後に大きな事故につながりかねないので。

コメント

タイトルとURLをコピーしました