RADWIMPS「バグッバイ」を読み解く!

RADWIMPS 歌詞解釈
スポンサーリンク



今回深イイと思い読み解いていきたいと思った曲はRADWIMPSのバグッバイという曲です。

RADWIMPS(ラッドウィンプス)は野田洋次郎、桑原彰、武田祐介、山口智史からなる4人組のロックバンドです。

野田洋次郎さんはいろんな曲を作詞、作曲しているので、もしかするとRADWIMPSとしてではなく「野田洋次郎」として知った方もいらっしゃるかもしれません。

RADWIMPSは、とても曲数が多くどれも良い曲ばかりなのでまずはバグッバイから読み解きます!

ちなみに曲名は「バグ」と「グッバイ」をかけあわせたものだと言われています。

RADWIMPS‐バグッバイ 歌詞 解釈

近すぎて見えない誰か
誤って「僕」と呼ぶ
この声の正体は誰なの?

遠すぎて見えてる誰か
誤って「神」と呼ぶ
その顔にホクロはあるのかい?

仕方なくもらった命
誤って「愛」と呼ぶ
そうしとけば問題はないけど

「どうせなら」と見つけた意味を
誤って「夢」と呼ぶ
本当はそんなんじゃないはず

生まれてくる前に願ってたことは

夜明け告げる朝に
夕焼けを見せたげたい
きっと惹かれ合って
きっと恋に落ちるよ
寂しげな冬にあの夏を見せたげたい
it’s so easy but um
it’s so crazy

生まれてみればここが
全ての真ん中で
端に追いやってくれていいのに

左と右の間
地上と空の間
昨日と明日の間
夢と現実の間

だから迷うんだ
行ったり来たりと

僕の逝く道の上で立って待っててよね
「ほら こっちだよ」って
「コラ そっちじゃないよ」って

僕がいなくても
地球は回るのに
地球がいないと
僕は生きれない

お前が決めるままに生きてきたんだから

せめてはじめての僕がいない朝に
何か降らせてほしい
it’s so easy but just
it’s so crazy

僕のいた朝と
僕のいない朝は
どっか違っててほしい
少しだけでもいいから
僕が生まれてくる前と
僕が消えたあとと
なんか違っててほしい
世界は違っててほしい

そしてそれを「夢」としよう
そしてそれを「愛」としよう
それを「神」様に願おう
そんな人を「僕」と呼ぼう



ここから個人的に解釈していきます!

「近すぎて見えない誰か 誤って僕と呼ぶ 」

普段生きていて自分自身の姿形は鏡を見ないと見れないのにそれを僕や私と呼んでいるのが誤りではないか。

「遠すぎて見えてる誰か 誤って神と呼ぶ 」

誰か自分より優れている人を見つければ、同じ人間なのに神のような存在に思ってしまう。

「仕方なくもらった命 誤って愛と呼ぶ」

生を受けて生まれてきたことを愛をもらって生まれてきたと言う。

「どうせならと見つけた意味を誤って夢と呼ぶ 」

生きていく意味をどうにか探ってそれを夢と置き換えた。

「夜明け告げる朝に夕焼けを見せたげたい きっと惹かれ合って きっと恋に落ちるよ 寂しげな冬にあの夏を見せたげたい」

お互い自分が持っていないものを持っている相手に惹かれるだろう。

「生まれてみればここが 全ての真ん中で 端に追いやってくれていいのに」

生まれれば自分の人生は自分次第。でもなんでも自分で決めていきていくのは大変だしある程度は他人任せでいいのに。

「左と右の間 地上と空の間 昨日と明日の間 夢と現実の間 だから迷うんだ 行ったり来たりと」

世の中にあるものは0か100じゃなくてその間が多過ぎるから迷うんだ。

「僕の逝く道の 上で立って待っててよね
ほら こっちだよって コラ そっちじゃないよって」

僕の歩んでいく道の上でちゃんと正しい行き先を示してね。

「僕がいなくても 地球は回るのに
地球がいないと 僕は生きれない」

生きていく中で色々な人と出会います。主に恋愛関係であると思いますが、自分は相手を必要としているのに相手からはそこまで必要とされていないという価値観や考え方の違いなどを表しているんだと思います。

「せめてはじめての僕がいない朝に 何か降らせてほしい」

自分がいなくなった時に涙を流してほしい。

「僕のいた朝と 僕のいない朝は
どっか違っててほしい
少しだけでもいいから
僕が生まれてくる前と 僕が消えたあとと
なんか違っててほしい 世界は違っててほしい」

今まで自分が生きてきた証として生前と死後、少しでも世界が違っていてほしい。

「そしてそれを夢としよう そしてそれを愛としよう
それを神様に願おう そんな人を僕と呼ぼう」

自分がこの世からいなくなった時になにか世界が変わるように生きた証を残す。それを夢としてその夢が生まれた元を愛としてそれを神様に願い、そうやって生きていく自分を僕と呼ぼう。

RADWIMPS4 ~おかずのごはん~ [ RADWIMPS ]

価格:2,869円
(2020/11/18 11:34時点)
感想(42件)

 

最後に

ところどころ自分の表現が下手で上手く書けないところがありました…。

この歌を恋人の歌だと言われる方もいらっしゃいますが、私は人生とは自分とはなにかを問うているのではないかなと思いました。

RADWIMPSって言葉の置き換えとか例えが結構出てくるのでいろいろ考えさせられます。

それがたとえ作詞した本人の思っている通りでなければいけないということは決してなく、その曲を聴いた1人1人がそれぞれ感じとれたらいいんじゃないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました