お金の考え方や捉え方、まずは勉強して自分なりの価値観を持とう!

金 イラスト 雑記
スポンサーリンク



タイトルについて何が言いたいかざっくり説明します!

稼ぎたい稼ぎたい

と言う前にまずはお金について自分なりの考えや捉え方を持ちましょう!

ということです。

 

いや、そのままやないかい!

と思われるかもしれませんが、お金は力があります。

 

それを知らずして稼ぐことは難しいですし、稼いだとしてもお金を失い、さらにはお金で解決できない人間関係や人としての道徳的な考え方、価値観などがごっそり失われる可能性があるのです。

 

良くも悪くもお金は人を変えます。

 

良い方に変わるか、悪い方に変わるか

その境目は自分なりのブレない考えを持っているかどうかなのです。

 

生きていく中でいくら綺麗事を言おうとも多少のお金は必要です。

ですが、そのお金に目が眩んだあまり初めに持っているものを失ってしまえば本末転倒です。

 

極論をいえば、死に際にお金が欲しいですか?持っておきたいですか?

それよりも人間関係や自分の周りに居てくれる人や自分のために悲しんでくれる人の方が大事じゃないですか?

 

日本人はお金の話を良くない話、汚い話だと敬遠する傾向があります。

 

私はお金を稼ぐことについて全く汚い話だとは思いません。

生きていく中での最低限のお金は必要だからです。

 

それよりも綺麗事ばかりを並べる人間の方が嫌いです…笑

 

もちろん詐欺などお金のために人を騙す人間が多いのは確かです。

しかし、これは個人の問題でもありますが国がマネー教育をしてこなかったことにも問題があると考えます。

 

日本の金融知識はアジア最下位とも言われます。

 

そこでこの記事を書こうと考えました。

お金に関する考え方や詐欺にあわないようにするために参考にしていただければと思います。

これは綺麗事ではなく率直な私の願いです。

ぜひ一緒に勉強して少しでも知識を身につけていきましょう。

 

なぜ金融知識が必要なのか

先に結論を言うと、自己防衛のためです。

 

マネーリテラシーが低い人が多いことを良いことにターゲットを絞り、詐欺をする悪人が後を絶ちません。

 

先程の話と被るところがあるのですが、日本人は

1.マネーリテラシー(お金に関する知識)が低い。

2.お金の話を毛嫌いするという人達が多い。

この2つの理由でどんどん遠ざかってしまいます。

 

しかし、現実はお金がどうだこうだと話している方はおおいですよね!?

それっておかしくない??

って話です…笑

 

しかし、これは本人だけが原因ではないのです。

 

日本はもともと義務教育の中で金融授業というのが全くと言っていいほどありません。

大人になるまでにお金の授業って全然ありませんよね?

これは海外からすると異常なことです。

 

先進国と言われる国はどこも大人になるまでに金融の知識を身につける環境、機会があります。

先進国の中で日本は金融教育が特に遅れているのです。

 

そこで国が2022年4月から金融教育を義務教育に取り入れ、マネーリテラシーの向上を計ったのだと思われます。

この教育を受けられる子供たちはこれから先いろいろな変化があり効果が期待できると思いますが、問題は金融教育に触れる機会のなかった世代(私もそのうちの1人)です。

 

社会に出てからは自ら進んで勉強し学んでいくしかありません。

つまりは自らマネーリテラシーを身につけ、詐欺などから自己防衛をするしかないのです!

 

話が戻りますが、全ては自分を守るために金融知識が必要なのです。

 

金融知識って?

では、金融知識って具体的になに?

ということです。

これも先に結論を言うと

難しいことは置いといて基本的なお金の使い方を学ぶこと。

です。

 

普段何気なく使っているお金も目的によってそれぞれ違うのです。

 

ここでは簡単に浪費、消費、投資のお話をします。

 

なんだか韻を踏んでラップみたいですね

というのはさておき…笑

浪費

お金や時間を無駄に使うことを浪費といいます。

 

しかし、この場合は心の満足度などを排除して考えます。

つまりはお金などのリターンがない事柄は基本的に浪費ということになります。

趣味は金銭的な面だけでいえば浪費にあたります。

 

例えば、必要以上に高い車やブランド物など必要以上の支出は浪費になります。

車としての役割や服としての役割を果たせていればそれ以上に高いものを買う必要が無いという考えの元、浪費に区分されます。

消費

必要な支出のことを消費といいます。

 

例えば、食費や光熱費などの生活費が消費にあたります。

シャンプー、リンス、トイレットペーパーなど生活用品も消費にあたりますが、値段が高い場合は浪費と捉えることもあります。

投資

この先リターンを求めて時間を使ったりお金を使ったりすることを投資といいます。

 

例えば、資格の勉強のために教科書を購入することや、時間を費やすなどの行為が投資にあたります。

自己投資って言葉よく耳にしませんか!?

 

しかし、ここで勘違いしやすいのが無計画で行った場合はギャンブルに該当し、投資ではないので注意です!

投資はなんとなくではなくその先のリターンを現実的な範囲で見込んで行いましょう。

 

こうして見ると浪費は良くないかもしれないけど、

 

自分の趣味や時間がなければ楽しくない

 

と思うでしょう。

浪費自体は心に満足感をもたらしますので悪いことではなくむしろ良いことです。

 

しかし、浪費は終わりがないのです。

浪費は優先順位をつけて自分でコントロールしないと散財してしまいます…

 

そこで重要なことは浪費が悪いことだと考えずにうまくバランスを取ることです。

少しでも浪費にお金を回したいのであればまずは消費である固定費を見直しましょう。

格安SIMを利用して固定費を下げよう。節約術
...

結論

まとめです!

 

稼ぎたい稼ぎたいという気持ちはわかります。

そのためにはまずは使い方の勉強をしましょう!

ということです。

稼ぎたいが故に話に乗ったがそれは詐欺でした。

ある程度稼げたがあれやこれやと浪費しまくった結果なくなりました。

これじゃほんとに意味がないです…

 

これを防ぐには知識です。

知っているか知っていないかそれだけの差なのです。

 

お金を稼ぎたいという思いが強くなり行動に移せば良くも悪くもそういった類の話が寄ってきます。

それはあなた自身が行動したからです。

行動することはとても大事で行動しなければなにも始まりません。

 

しかし、それに伴ってあなたを陥れようとする悪い話も同じように寄ってきます。

これはあなたのマナーリテラシーが低いからという他なりません。

 

そこで知っているか知っていないかがその後の明暗を大きく分けるのです。

知るのは無料です。

まずは自己防衛のために金融知識を身につけましょう。

 

そうすることによってまずは自分を守り、周りの人たちも同じように守ることができます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました