マカロニえんぴつ「なんでもないよ」歌詞と歌詞の意味を解釈。

清水翔太 プリンセス 歌詞解釈
スポンサーリンク

今回は、マカロニえんぴつ「なんでもないよ」の歌詞を解釈していきたいと思います!



「なんでもないよ」歌詞

僕には何もないな

参っちまうよもう
とっておきのセリフも特別な容姿も
きみがくれたのは愛や幸せじゃない
とびっきりの普通と

そこに似合う笑顔だ

僕でよかったかい?こんな僕でよかったのかい?

なんて訊いたりしないよ、だって君がよかったんだ

そんな僕の予感なんだ

からだは関係ないほどの心の関係

言葉が邪魔になるほどの心の関係会いたいとかね、そばに居たいとかね、守りたいとか

そんなんじゃなくて
ただ僕より先に死なないでほしい
そんなんでもなくて、ああ、やめときゃよかったな

「何でもないよ」なんでもないよ、僕には何もないな、ってそんなこともないな

君の本気で怒った顔も呑気に眠る顔も
きっとこの先いちばん映していくこの目
君の大きい笑い声をきっと誰よりも

たくさんきけるのは僕のこの耳

からだは関係ないほどの心の関係

言葉が邪魔になるほどの心の関係会いたいとかね、そばに居たいとかね、守りたいとか

そんなんじゃなくて
ただ僕より先に死なないでほしい
そんなんでもなくて、ああ、よしときゃよかったか
「何でもないよ」
会いたいとかね、離さないから離れないでとか
そんなんじゃなくて
そんなもんじゃなくって、ああ何が言いたかったっけ
「何でもないよ」なんでもないよ、
君といるときの僕が好きだ

「なんでもないよ」歌詞解釈

僕は何も持っていないな

参ってしまうよもう

君に伝えるとっておきのセリフや特別なカッコ良さもないな

でも、君がくれたのは型にハマった愛や幸せじゃなくて

とびっきりの普通とそこにハマる笑顔だ

僕でよかったかい?

こんな僕でよかったのかい?

なんて君に今更聞いたりしないよ

だって僕は君が一番よかったから

お互いがお似合いだってそんな僕の予感なんだ

からだは関係ないほどお互い許し合った心の関係

言葉が邪魔になるほど通じ合った心の関係

会いたいとかね、そばに居たいとかね、守りたいとか

君に伝えたいのは、言わなくてもわかるそんな言葉じゃなくて

ただ僕より先に死なないでほしい

もっと上手く伝えたいけど、やっぱりなんでもないよ

やっぱり僕には何もないな。って思ってたけど君といるとそんなこともないと思えるな

君が本気で怒った顔も呑気に寝ている姿も

きっとこの先誰よりも君を見ることができるこの目を持ってる

それに君の大きい笑い声を誰よりも聞ける耳を僕は持ってる

からだは関係ないほどお互い許し合った心の関係

言葉が邪魔になるほど通じ合った心の関係

会いたいとかね、そばに居たいとかね、守りたいとか

そんなんじゃなくて

ただただ僕より先に死なないでほしい

言うことが自分らしくなくて、あぁよしときゃよかったかな

やっぱりなんでもないよ

でもホントに伝えたいのは

会いたいとかね、離さないから離れないで

とかそんなキザな言葉じゃなくてそんなもんじゃなくて

もっとシンプルなこと

って何が言いたかったっけ

やっぱり上手く言葉にできないし

なんでもないよ なんでもないよ

けど、やっぱり君と一緒に居る時の自分が一番好きだ

最後に

その時の状況やもどかしさが表現されていて、聴いてるとその状況が思い浮かんできて凄いなと思いました。

なんと言っても「僕より先に死なないで欲しい」という表現はめちゃくちゃ良いですね!

真っ直ぐだけどいちばん伝わる言葉だな〜と。

裏の見えないはっきりした表現でいいですよね!

駆け引きせずに伝えているところが愛を感じます。

大切な人に「自分より先に死なないで欲しい」って思われるような人生を送りたいですね。

 

残された側はどうやね〜ん!!

ってツッコミたくなるのはとりあえず置いといて…笑。

コメント

タイトルとURLをコピーしました