車の名義変更のやり方について 方法は簡単です!委託する場合と自分でする場合

名義変更 やり方
スポンサーリンク




車の所有者が変わった際に必ず必要になるのが名義変更です。

今回はこの名義変更について話していきたいと思います!

書類手続きなどはよくわからない、面倒だと思い車屋さんなどに依頼する方が多いと思いますが、今回の記事では自分で名義変更をする際について話します!

依頼する場合と自分で手続きする場合は用意する書類が変わってくるので注意が必要です。

一応どちらも紹介しておきますね。

店舗に依頼する場合

普通車の場合

旧所有者・新所有者

  • 印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内)
  • 委任状(実印が必要)

以上は新旧どちらのオーナーも用意しないといけません。

旧所有者 新所有者
  • 車検が切れていない車検証
  • 新所有者の車庫証明書(発行日から1ヶ月以内)
  • 譲渡証明書(実印が必要)

車庫証明は代行依頼も可能です。

旧所有者は4種類

新所有者は3種類

の書類が必要になります。

軽自動車の場合

旧所有者・新所有者

  • 申請依頼書(認印)
旧所有者 新所有者
  • 車検の切れていない車検証
  • 住民票(発行から3ヶ月以内)
  • ナンバープレート(新旧所有者で住所の管轄が異なる場合)

次に自分で名義変更する場合の書類について書いていきますね。


自分でする場合

自分で名義変更をする場合は、普通車であれば陸運支局軽自動車は軽自動車検査協会へ必要書類を揃えて申請に行きましょう。

普通車の場合

旧所有者、新所有者

  • 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)
旧所有者 新所有者
委任状(実印) 自動車保管場所証明書(発行後1ヶ月以内)
車検証 手数料納付書(申請日に陸運局で入手)
譲渡証明書(実印) 自動車税申告書(申請日に陸運局で入手)
申請書(申請日に陸運局で入手)

実印を忘れないように!

前もって用意する書類は

旧所有者4種類

新所有者2種類

です!

軽自動車の場合

旧所有者、新所有者

  • 申請依頼書(認印)
旧所有者 新所有者
車検証 住所証明書(発行後3ヶ月以内)
車検証記入申請書(認印) 現地で入手
軽自動車税申告書(現地で入手)
自動車取得税申告書(現地で入手)

押印が必要な書類は、旧所有者が前もって押印してから渡すか新所有者に認印を渡して手続きを進めるかどちらかになります。

基本的に軽自動車は車庫証明がいりませんが、住む地域により必要な場合もあります。

名義変更する際の注意点
  • 車庫証明は申請してから管轄の警察署の担当者が実際に確認しにくるので、取得まで多少日にちを要します。発行されるまで長くて1週間ほどかかる場合があります。
  • 書類に関して発行する際には諸費用がかかるのでどちらが費用負担をするかなど前もって話し合っておきましょう。
最後に

名義変更など手続きと聞けば難しく考えてしまうかもしれませんが、専門的な知識などは必要なく必要書類を揃えて管轄の陸運局や自動車協会に足を運べばすぐですし、その分の代行費用も浮かすことができます!

いつもは車屋さんなどにお願いしている方でも今回の機会を使って自ら動いてみるのも良いかもしれません。

その際、この記事が役に立っていただければ幸いです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました