車を買う際、選ぶ際に抑えておきたいポイントを解説!

スポンサーリンク

車を買う時に何をポイントとして選べば良いかわからない…

とお悩みの方に向けて、今回は記事を書いていきます。

この記事でわかること

車を買う際のポイント

変なぼったくりに遭わない為の対策

 

私(筆者)は、車に携わって得た経験や知識をわかりやすく伝えたい!そんな思いで車関連の記事を書いています。

 

車を買う際、車に詳しい知人や友人が居れば相談できるのですが、居ない場合一人で車屋さんに行くのは心配かもしれません。

そんな時に、この記事が少しでも心の助けになってもらえれば幸いです。

ポイントさえ抑えることが出来れば、余分な費用がかさんだり、高値掴みさせられるリスクを避けられます。

 

選び方のポイント

車選びのポイント

車を選んでいくポイントを紹介します。

自分のライフスタイルに合う車をじっくりと時間をかけて考える

車は生活の一部なので、自分のライフスタイルに合っていない車を選ぶと段々と不満が出てきたり、維持がしんどくなるかもしれません。

そのため、ボディサイズや値段、車の形状など生活にストレスのないものをじっくり考えて選びましょう。

新車か中古車かを選ぶ

中古車は多少当たり外れはありますが、欲しい車を安くで買えるというメリットは大きいです。

どうしても新車でないと嫌だという場合を除き、中古車を検討する価値は大いにあります。

かなり状態の良い車でも中古車になると値段が落ちますので、そこが狙い目です。

グレードやオプションを絞る

新車でも中古車でも探す際は、グレードとオプションを絞りましょう。

新車の場合は、オプションが選べますが、決して安くは無いのでよく検討してから選びましょう。

オプションの値段を車体価格と比べてしまい、安いと勘違いしてついついオプションを付けてしまうパターンが多いです。

中古車の場合は、自分の狙っているグレードやオプションがあれば運が良いです。

走行距離と相場を見て狙いをつけておきましょう。

中古車の場合、相場を調べる

中古車を買う場合、相場を把握しておく必要があります。

相場を把握せず勢いで購入すると、思わぬ損をする可能性があるからです。

リセールを調べる

売却時のリセールも重要です。

車はリセール時の幅が大きいため買った時は高くても売る時は全然値段が付かないということもあります。

人気車種であればそこまで心配はいりませんが、マイナーな車を狙う際は調べておくと安心です。

ローンにするのか一括にするのかなど、金銭面についてまとめる

最終的に金銭面についてまとめましょう。

車は購入費に加えて維持費も掛かってきます。

車に関係する金額を予め洗い出しておけば、思わぬ出費に戸惑わなくて済みます。

1度は実車を確認する

最低でも1度は実車を確認しましょう。

新車であればディーラーに行って気になるところを質問して隈無く調べておくと良いです。

中古車の場合は、できる限り足を運んで実車確認した方が良いですが、どうしても遠くで行けない場合は、メールを通じて写真を送ってもらったり電話で気になる箇所を聞いて把握しておきましょう。

保証などを勧められた場合は要検討。

保証に関しては入っておけばもちろん安心ではありますが、基本的には必要ないと思います。

これはうまくできていて、故障する頃には保証期間が切れているなんてことがよくあります。

保証料金がタダ同然なら良いですが、そうはいきませんので基本的には必要ないでしょう。

国産車は余程無茶をしない限りなかなか壊れませんので…

高値掴みさせられないようにするポイント

これは中古車の話ですが、知識が無いことを裏手にとって高値掴みさせようとする業者もいます。

相場を知る

これが重要です。

相場を知らなければ高いのか安いのか判断がつきません。

中古車に手を出す時は、事前の相場調査は絶対にしましょう。

走行距離に応じた価格かどうかを判断しましょう。

一般的に走行距離が伸びると比例して値段も落ちます。

車屋さんの評判を調べる

今やネット社会、レビューなど調べれば少しの評判は出てくるでしょう。

評価が低く、悪い意見が多い場合は要注意です!

ですが、そのレビューがホントかウソかの判断はある程度しないといけませんのでその点は注意です。

事故歴を調べる

見落としがちなのが事故歴です。

安いのでツイツイ目につきますが、大きな事故(フレームが曲がったり)で損傷した車は直していてもダメージは確実に残っています。

つまり、車の価値が下がっている状態なので次に売る際に値段がガタ落ちします。

わからないと思っていても買取はプロが査定しますので一目瞭然です。

また、自分が乗っている間に色々とガタが来る可能性があるので、事故歴のある車は極力避けた方が無難です。

まとめ

まとめると…

・自分の乗りたい車をきっちり割り出す。(グレードやオプションまで)

・自分が乗る期間の維持費をざっと計算。

・できるだけ実車確認を!できなくても疑問に思うところや気になるところはきっちりと解決させる。

・保証はヘタに入らない。

以上が選ぶ際のポイントです。

 

・高値掴みしないように相場を把握。

・購入を考えている店の評判やレビュー確認。

・車の事故歴の有無を確認。

以上が変なぼったくりに遭わないための対策です。

 

この記事を書いた狙いは、車に乗る人が減っている中でせっかく少しでも車に興味を持ってくれたのに、ぼったくりに遭ったり悪徳業者に大損させられたりする人を出さないというのが狙いです。

知識がなくとも痛い目を見て欲しくないというのが筆者の切実な願いであります。

商売といえども取って良い利益は限度がありますから。

 

この記事が誰かの役に立って貰えると幸いです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました