あおり運転対策と厳罰化について 

スポンサーリンク




「ながら運転」も話題ですが、今回は悪質性が非常に高く悪名高きことで有名な「あおり運転」を題材にして話していきます。

もしかするとこの記事を読んでくださっている方の中にあおり運転の被害を受けたことがある方がいらっしゃるかもしれません。残念なことにそれほど身近なものであり、あおるドライバーが後を絶たないんです。

過去にはあおり運転が原因の死亡事故も多数起きています。

以下引用させていただきますが

堺市南区で昨年7月、大型バイクに「あおり運転」をした末に車で追突し、バイクの男性を死亡させたとして殺人罪に問われた元警備員の中村精寛(あきひろ)被告(40)に対する裁判員裁判の判決が25日、大阪地裁堺支部であった。安永武央裁判長は殺人罪を適用し、懲役16年(求刑懲役18年)を言い渡した。

起訴内容は昨年7月2日夜に車を運転中、大学4年の高田拓海さん(当時22)=堺市西区=運転の大型バイクに車の前方に入られたことに立腹。高田さんを死亡させるかもしれないと認識しつつ、故意にバイクに衝突したというもの。公判では被告の殺意が争点となったが、判決は殺意を認定した。

検察側は論告で、被告が車を加速させて猛スピードでバイクを追跡し、回避を試みずに衝突したとして殺意は明らかだと主張。「まれにみる殺人運転」で「あおり運転や交通トラブルが後を絶たない現状の中で、厳しい処罰を社会が求めている」としていた。

一方、弁護側は被告が高田さんの運転に腹を立てたことはないとして、あおり運転を否定。追突についても「衝突の1秒前にバイクに気づいてブレーキをかけたが、間に合わずに衝突した」として過失による事故だったと主張し、殺意を否定していた。

あおり運転をめぐっては、東名高速で2017年6月、あおり運転で停車させられたワゴン車の夫婦がトラックに追突されて死亡した事故で、横浜地裁が昨年12月に自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致死傷)罪の成立を認め、あおり運転をした被告に懲役18年の判決を言い渡した。朝日新聞ニュースから引用

 

神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、あおり運転を受けて停車させられた夫婦がトラックに追突され死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた建設作業員、石橋和歩(かずほ)被告(26)の裁判員裁判の判決公判が14日、横浜地裁で開かれ、深沢茂之裁判長は懲役18年(求刑懲役23年)を言い渡した。 深沢裁判長は「4度の妨害運転後に停止させたのは密接に関連した行為といえる。死傷の結果は妨害運転によって現実化した」と述べ、被告のあおり運転と夫婦の死亡に因果関係があると認定し、危険運転致死傷罪が成立すると判断した。

あおり運転は事故現場直前のパーキングエリアで乗用車の駐車方法を注意されて逆上したことが発端。判決は「常軌を逸しており、強固な意志に基づく執拗(しつよう)な犯行で結果は重大。家族旅行の帰りに突然命を奪われた無念は察するに余りある」として、被告について「真摯(しんし)に反省しているとまでは言えない」とした。

一方で、高速道路上で停車させた速度ゼロの状態が同罪の構成要件の「重大な危険を生じさせる速度」とするのは解釈上無理があると指摘。停車状態で大きな事故が生じたり、事故の回避が困難になったりするとは認められないとした。

閉廷後、記者会見した裁判員の女性は「さまざまな意見を出し、皆で納得して決めた」と審理を振り返った。被告の弁護人は「判決理由を検討し、法律の解釈や量刑が妥当かどうか被告と協議したい」と語った。

判決によると、石橋被告は昨年6月5日夜、走行中の萩山(はぎやま)嘉久(よしひさ)さん=当時(45)=一家のワゴン車に妨害行為を繰り返して追い越し車線上で停止させ、大型トラックによる追突で、萩山さんと妻の友香さん=同(39)=を死亡させ、同乗の娘2人にけがをさせたなどとしている。産経ニュースから引用

これらは事件と言ってもいいと思いますが…

あおり運転の容疑者は意図して行っているので非常に悪質性が高いです。



あおり運転に対して警視庁では

  • ゆずりあいの気持ちを持ちゆとりある運転を心がける
  • 車間距離を保つ
  • 無理に車線変更や追い越しをしない
  • あおられた場合、安全な場所に停車したのち状況に応じて110番通報する

と呼びかけています。

また自身が実際にあおり運転の被害者になった場合は

  • 相手の挑発にのらない
  • 安全な場所に停車して110番通報する際にはドアロックを行い警察官が来るまで窓はあけず外に出ない

これを心がけましょう。

また、個人的対策ではドライブレコーダーが有効です。

ドライブレコーダーをつけることにより相手があおり運転をしてきた場合、証拠になりますし相手が逃げた際でも後のナンバーの割り当てなどに有効だからです。

相手が車から降りて恐喝など迫ってきた場合は、スマホや携帯電話などで録画することも有効です。こうすることによって相手は証拠が残ることを恐れそれ以上なにもしてこないことがほとんどです。

例外でさらにヒートアップして暴行事件に発展する場合もありますが…証拠は確実に残ります。

一番は車から出ずに110番通報、相手の様子を伺いつつ車のナンバーを確実に控えておくことでしょう。



次に厳罰化された内容ですが

「妨害運転罪」というものが新たに規定され違反者には、免許取り消しの行政処分、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられるようになります。

高速道路の場合は、免許取り消しと5年以下の懲役または100万円以下の罰金になります。

これは6月30日より施行されます。

ちなみに妨害運転罪の取り締まり基準は以下の10項目になります。

  • 急ブレーキ
  • 車間距離不保持
  • 違法な駐停車
  • 不必要なパッシング
  • 不必要なクラクション
  • 最低速度未満で走行
  • 幅寄せや蛇行運転など
  • 急な割込み運転
  • 急な車線変更
  • 対向車線からの接近

また処罰に関しても飲酒運転同等なので非常に重い処罰になるでしょう。

個人的意見ですが、運転はゆとりある運転が一番大事であると思うので、免許取り立ての頃を思い出し初心に戻って運転しましょう。それに挑発に乗ることはやめましょう。腹立つかもしれませんが、その挑発に乗れば同類ですしそれこそ事故が起きる原因になります。被害を受けた場合は挑発に乗らず緊急性が高ければ通報、そうでなければその場を過ごし、証拠を抑えて警察に相談しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました