車を高く売る方法と売却方法の種類について

中古車を高く売るには
スポンサーリンク

車を乗り換える時など現在乗っている車を手放す方がほとんどだと思いますが、その際にできるだけ高値で売れた方がいいですよね!?

乗り換えた時にその分安く乗れますので!

ですが、とりあえず買い取ってくれるからという理由で特に何も調べずわからないまま買い取ってもらうと大きく損をすることがあります。

店側も商売なので、できる限りたたいて安値で買い取り、高値で店頭に並べたいという考えがありますから…

言い方悪いですがカモにされないためにどうすれば良いかということについて今回は話していきますね。

知らず知らずのうちに損をしているかもしれません…

この記事でわかること↓

車の相場知識がわかる。

いくつかある売却の方法がわかる。

損をしないための対策ができる。

 

私(筆者)は、車に携わって得た経験や知識をわかりやすく伝えたい!そんな思いで車関連の記事を書いています。

 

車業界に関わっていると驚くような安値で買取されたという話をよく耳にするのでまだまだこういう話は尽きないなと悲しくなります。

そうならないために少しでもこの記事を参考にしていただければと思います。

一緒に勉強しよう!

中古車の市場

車に限らず物の売買は需要と供給なので欲しいと思う人が多いほど、もちろん値段は上がっていきます。

なので、車種によってある程度相場というものは決まってきます。

その相場内で出来る限り高値で売ることができれば同じ売却でも得をすることになります。

当たり前のこと言うてるだけやん と思われると思いますが、車の売却は簡単に数十万円変わりますし、需要がある車ほど振れ幅が大きいので損得も大きいです。

 

相場を調べよう

では、まずなにから始めれば良いかというと

自分が今乗っている愛車の相場を調べる

これから始めましょう。

 

相場を調べるに当たって

年式、走行距離、修復歴が付いているかどうか、内外装の状態(傷の有無など)

これらを把握しましょう。

年式は車検証

走行距離は運転席のメーター確認

修復歴の有無は点検記録簿の確認(点検簿がない場合で自分が乗っている時に修復した場合は修理を頼んだ板金屋やディーラーなどに修復歴が付いたかどうか確認しましょう)

内外装の状態は内装であればシートの破れやシミ、外装であれば凹みや深いキズなどを確認しましょう。

これらの情報を元に検索して相場を調べてみましょう。

一括査定



調べてみてもイマイチ相場がわからない方や不安な方は、一括査定をお勧めします。

一括査定は、複数の店舗に見積もりを出すのでおおよその相場がわかりやすいです。少なくとも大きく損することはないでしょう。

一括査定のメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

大きく損をすることがない。

相場がわかる。

複数の店舗の見積もりを出せるため近隣の店舗を探すことができる。

ネットですぐにできる。

 

デメリット

大きく得をすることはない。

住んでいる地域、名前、電話番号などいくつかの個人情報を入力しなければいけないので、個人情報の入力を嫌う方には不向き。

実車確認ではないので提示された値段から多少前後する。

 

これらのメリット、デメリットがあります。

可もなく不可もなくというイメージです。

人気車種を売るには得をするパターンが多いのでおすすめします。

車のオークション

一部のマニアな方や、もっと値段を上げられるか試してみたいという方向けに別におすすめな売却方法があります。

車のオークション

です。



皆さんオークションはヤフオクなどがありますし、割と身近なものなのではないかと思います。

そのオークションが車専用であるんです。

やり方はオークション出展をしてくれる代行業者さんや車屋さんにオークションの出展をお願いし、いくつか手続きを行うだけです。

その際に少し出展料が発生します。

 

そして売れた場合は、その数パーセントを仲介手数料として業者などに払います。

出展料や手数料と聞くとなんだか損するように思えますが、マニアックな車などは欲しい方が居ればすぐに値段がつくので得をすることが多いです。

メリット

人気車種であれば得をする可能性が高い。

状態が良ければ思わぬ高値がつくこともある。

 

デメリット

状態が悪いと全然売れないことがある。

出展料や手数料がかかる。

ライセンスが必要で個人出展できない。

 

値段に納得がいかない場合は、現オーナーの方が出展を取りやめることが可能なので無理に売る必要はないです。

なぜオークションがオススメかというと、マニアックな車は一部の人にしか人気がないため、相場というものがつきにくいんです。

なので中古車買取業者に頼むよりオークションで個人的に欲しい方に渡すのが現オーナーからしても一番得なのです。

個人売買

もう一つが自分で値段を決めることができる個人売買です。

これは自分で値段をつけられるところは良いですが、その車の価値をわかっていなければなかなか売れないのでそこは注意が必要です。

個人売買もマニアックな方の中では多く行われているやり方です。

メリット

高値での売買が狙える。

自分の納得のいく値段で出展できる。

デメリット

相場把握が難しく、値段設定によっては全然売れないことがある。

車の状態が重視されることが多い。

 

個人売買のやり方については下記を参考にしていただければと思います。

個人売買とは?ポイントは契約書!書き方を抑えてトラブルを抑えましょう。
...

まとめ

車の売り方にはいろいろ方法がありますが、自分が乗っている車に合った売り方をすることで少なくとも損をすることはないでしょう。

場合によっては大きく得をすることもあります。

 

今回の記事を読んでいただいて安く叩いて買い取るような業者に引っかかる方が少しでも減ってくれると嬉しい限りです。

商売である以上、仕方がないのかもしれませんが、知識がない方から得を得ようとするのはどうかと思いますので…

正しい知識を身につけて(あの場で売らなければよかった…)などと後悔しないように自己防衛しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました