車の燃料の種類に関して 価格の違いと絶対にしてはいけないこと

給油イメージ
スポンサーリンク



アイオク1つとレギュラー3つくださいってボビーさんが言ってたの見たことある方いますか?笑

今回は燃料の種類を話題にしていきたいと思います。

電気自動車は別ですが、内燃機関の車にとって燃料って必要不可欠ですよね?

その種類とどのような車に使われているかということについて話ししていきたいと思います。



皆さん車を乗ってらっしゃる方は

  • レギュラー
  • ハイオク
  • ディーゼル

この3つに分けられていることはご存知かと思います。

この中でレギュラーハイオクは値段が違うが中身はどう違うのかという疑問を持たれている方もいるかもしれません。

これを順に特徴などを踏まえて話ししていきますね。

レギュラーガソリン

これはもっとも多くの車両に使用されているガソリンです。

ガソリンスタンドで給油ノズルが赤色のやつですね。

日本では、オクタン価89以上96未満のものをレギュラーガソリンとして販売しています。

ちなみにオクタン価とは中に入っている添加物の割合でこの添加物を入れることで異常燃焼を抑えています。

国産車の大多数が使用燃料としてレギュラーガソリンを指定しています。

主に排気量が小さい軽自動車やコンパクトカーに多いですね。


ハイオクガソリン

アイオク…間違えた!笑

ハイオクはガソリンスタンドで黄色のノズルですね。

オクタン価が96以上がハイオクガソリンとして販売されています。

燃焼効率がレギュラーよりも優れているため主に排気量が大きい車に使用されていることが多いです。

オクタン価が高く高排気量の車でもパワーが出せるためレギュラーよりも10数円値段が高く設定されています。

ガソリンスタンドによってはプレミアムガソリンなどと表記があるところもあります。

軽油

軽油は別名ディーゼルとも呼ばれます。

ガソリンスタンドでのノズルですね。

近年では軽という文字を見て軽自動車に軽油を入れてしまう方が後を絶ちませんが、これは絶対にしてはいけないので要注意です!

軽油はディーゼルエンジン専用の燃料なのでそれ以外のエンジンに入れると故障の原因になります。

軽油は熱効率が良くトルクを出しやすいため、低速域でのトルクを要する貨物関係の車両(トラック)やバスなどで使用されます。また、トラクターやコンバインなどの農機具にも多く使用されています。

レギュラーハイオクと比べて価格がかなり安い上に環境にも優しいため近年、注目されています。そのため、トラックなど以外にも普通乗用車にもディーゼルエンジンが採用され、使用される機会が多くなりました。


価格の違い

軽油が一番安く、次にレギュラーハイオクと順に値段が上がるのはご存知かと思いますが、なぜ値段が違うのでしょうか?

これは税金が関係しているんですね。

燃料には税金が課せられているんですが、1リッターあたり50円以上の課税がレギュラーハイオク。1リッターあたり32円ほど課税が軽油。

その差が現れて軽油が安くなっているんです。さらに二重課税と呼ばれて話題になっていますが、レギュラーハイオクにはそこからさらに税金がかかってくるので軽油との差が大きく開くのです。

注意点

先ほど軽自動車に軽油を入れてエンジンを故障させてしまう事例が後を絶たないとお話しました。

タイトルに入れた通りこれは絶対にしてはダメです。

ですがレギュラーハイオクの場合はどうでしょうか。

レギュラー仕様の車にハイオクを入れた場合問題はないです。ほんの少しの燃費上昇はあるかもしれませんが(気持ち程度)価格が上がり特にメリットがないです。

この逆のハイオク仕様の車にレギュラーを入れると故障まではいかないですが、車には良くないです。

オクタン価の違いでノッキングという現象が発生したりパワーをうまく出すことができず確実に燃費が落ちます。

指定燃料を入れないのは、短期でも長期にわたってもメリットがないので素直に指定燃料を入れましょう。

ちなみに今注目されているディーゼルですが、燃料費が安いならディーゼルが良いやん!と思っている方もいらっしゃると思いますが、ディーゼルエンジンは構造上値段が高いのでその差額を埋めて燃料費で得をしようと思えば10万キロほど走らないと無理です。

なので、長期的に乗ろうと考えている方は燃料費でのメリットは大きいです。

また、メンテナンスの点でもエンジンオイルが指定であったり煤を取り除く作業が定期的に必要であったりとメンテナンス費用も多少多くかかってくるのでその点も踏まえて検討しましょう。

世の中メリットもあればデメリットもあります…


コメント

タイトルとURLをコピーしました